※当サイトには広告が含まれている記事があります。

うさぎしま はじめの攻略と遊び方

  • 2023年9月1日
  • 2023年9月1日
  • 育成

今回は「うさぎしま」のはじめの攻略と遊び方についてまとめました。

それぞれのシステムの紹介についてもまとめているため、攻略の参考にしてください。

 

うさぎしま

うさぎしま

Pui Pui Yu無料posted withアプリーチ

 

うさぎしまはどんなゲーム?

 

うさぎしま 攻略

「うさぎしま」は島をたくさん彩ることでやってくるうさぎたちを集めて、仲良くなる放置ゲームです。

うさぎ1匹1匹の仕草が可愛い上に、ゲームの雰囲気にのめり込んでしまうこと間違いなしです!

遊び方

 

遊び方

「うさぎしま」ではおもちゃを島に置き、興味を持ってくれたうさぎが訪れてお礼を残していってくれます。

そのためにまずは必要な「おもちゃ」をよろず屋で購入しましょう。

 

よろず屋

「よろず屋」では「にんじん」を使用して「おもちゃ」を購入できます。

「おもちゃ」を購入できたら島に設置しましょう。

 

おもちゃ

画面左側にあるメニューからかばんアイコンをタップし、購入したおもちゃをドラッグ&ドロップで島に設置しましょう。

 

放置

しばらくゲームを放置していると、設置したおもちゃに対してうさぎが来てくれるようになります。

うさぎはそれぞれ撫でてほしかったり、餌を欲しがるため与えましょう。

 

うさぎ

うさぎからのお願いをクリアすることで「にんじん」となかよし度を上げるために必要な「ハート」をゲットできます。

たくさんのうさぎと出会って仲良くなり、自分だけの島を作り上げましょう!

うさぎしま システムの紹介

 

うさぎしま 攻略

ここからは「うさぎしま」のシステムの攻略についてまとめました。

うさぎ

 

うさぎ

「うさぎ」はおもちゃを島に設置することで訪れ、餌をあげたり、ブラッシングしてあげることで「にんじん」となかよし度が上がる「ハート」がゲットできます。

なかよし度

 

なかよし度

うさぎにはそれぞれ「なかよし度」が存在しており、なかよし度を上げることで島に長く滞在し、たくさんにんじんをゲットできます!

うさみみめいかん

 

うさみみめいかん

「うさみみめいかん」には今まで訪れたうさぎ達が載っており、それぞれのなかよし度や好きなおもちゃを確認できます。

にんじん

 

にんじん

「にんじん」ではうさぎが訪れてから帰る際にお礼としてにんじんを置いていってくれます。

うさぎが自分の好きなおもちゃに集まっていると、追加でにんじんをゲットできます。

 

にんじん

また、おもちゃの「にんじん」は放置していることで地面から生えてきます。

ちょくちょく生えているので、タップでゲットして少しでも貯めておきましょう!

よろず屋

 

よろず屋

「よろず屋」ではゲットしたにんじんを使用して「おもちゃ」をゲットすることができます。

置いてあるだけで癒されそうな可愛いものから、夜の島を照らしてくれるライト代わりのおもちゃもあります。

購入できるおもちゃは1日に4回されます。

おもちゃ

 

おもちゃ

「おもちゃ」は島に設置することでうさぎが訪れてくれるようになるアイテムです。

うさぎによって好きなおもちゃがあり、そのうさぎが自分の好きなおもちゃに集まることで、にんじんを大量にゲットできます!

写真

 

写真

このゲームでは「写真」を撮ることができ、それぞれのうさぎをドアップしてお気に入りの写真フォルダーを作ることができます。

全体の写真も撮ることができ、携帯のホーム画面にしても癒されそうですね!

うさぎしま はじめの攻略

 

うさぎしま 攻略

ここからは「うさぎしま」のはじめの攻略についてまとめていきます。

島に生えるにんじんには金のにんじんもある

 

金のにんじん

放置していると島ににんじんが生えてきますが、その中には「金のにんじん」が生えてきます。

金のにんじんは特定のミッションなどからしか手に入らず、ゲットできる機会がないため、見つけたら必ずゲットしましょう!

島に生えている金のにんじんはキラキラと光っています。

うさぎを撫でるとなかよし度アップ!

 

なかよし度

うさぎをタップして撫でることでなかよし度がアップすることがあります。

必ずではありませんが、ただタップしてあげるだけで仲良くなっていき、より長く居座ってくれるので来てくれたうさぎは必ずタップしましょう!

うさぎを何度もタップしてもなかよし度は上がらないため、タップして撫でるのは1度で大丈夫です。

 

建物の移動には注意

 

建物

1度建てた建物は移動させると再度工事することとなります。

おもちゃや植物の移動は問題ありませんが、建物を移動する際にはせっかく建てた時間を再度費やすこととなるため、注意しましょう!